高濃度排水処理システム

高濃度排水処理システムとは?

 様々な産業から廃水する行き先は、下水処理場や自家排水処理場又は未処理廃水で河川や海に放流をしています、未処理廃水は自己利益の為に大切な環境を壊しています。

 産業廃水は高栄養化で、主に分子結合の多い高分子(油・小麦粉・デンプン・他)成分や硬結合難解性質の有機物又は高濃度の有機物等の様々です。

 いずれの廃水も各事業所の存在に解決する必要がありますがそれには解決するべき課題があります。

【解決するべき課題】

  ア. 下水処理場利用の場合は、下水利用基準値を守る規定にしなければなりません

    その際は発生する余剰汚泥の処理も下水料金内で賄いコスト削減が出来る。

  イ. 自家処理施設の場合は、次にあげる課題の解決するべき重要課題あります。

    ・高負荷栄養素有機物を失敗無く処理する施設が必要、失敗の場合は保健所の行政指導に対処する新た  

     な改善設備コストの費用が発生する。

    ・想定した負荷(製品種と水量の変化)の変動に対して、未来に渡り失敗無く排水処理が出来る必要が

     ある。

    ・排水処理施設の占有面積を最小にすることが出来る。

  ウ. 事業所が未処理廃水を放流する場合。

    産業廃棄物処理にかかる法律が適用される為その対応策が必要です。

  

【課題の解決策】

 通常の排水処理施設は国土交通省の指導による人間の排泄物平均濃度BOD200ppmを処理とする「浄化槽の構造基準」からの生物処理の技術理論があります、その基本構造基準を応用活用しているのが通常の排水処理設備と思います。

 しかし、生活廃水処理の浄化槽と異なりBOD2,000ppm以上とする産業廃水の中身は生の富栄養化有機物で主要量が多く混入し、特に高分子(油・小麦粉・デンプン・糖・セルロース等)や微細固形粒子など難解性質の有機物等を限られた時間で低分子化を行い分解する能力が必要不可欠であり産業排水処理は条件が大きく異なります。

 よって、当社は使用しませんが一般的には凝集剤等の薬品(法律で堆肥化の不可)を用いて有機物の減量化を行い排水処理設備する事例が多いです、施工後に臭気の発生や維持コスト等が問題化し責任の所在不明で困惑します。

 

 短期間で特許取得出来た「高濃度排水処理システム」施設の主役は専用微生物です。自然の摂理による微生物群集の働きを満足出来るように設備を整えました。排水処理の主力は専用微生物の働きです、その活動を満足させる為に必要な事項があります。

  ア. 処理を行う廃水量と成分を確認する。

  イ. 専用微生物郡が活動しやすい排水処理施設の条件を整え環境設備を整える。

  ウ. それぞれの有機物分解に活動する目的の専用微生を施設混合培養する。

【解決後の主な結果】

 高濃度排水処理施設の役割は特殊廃水を問題なく安定浄化出来る事です。

 安定処理が現実に出来る事は、各事業所様が未来に渡り優れた商品造りを継続し収益を求めるに際して、環境に一体化した優しく貢献するストレスの無い安心出来る事業形態を造れる事は有益であると考えます。

 重要な安定処理が可能になると様々な次の有益な関連性が生まれます。

 [小さいスペースで施設が出来る・放流規定値を守れる・失敗しにくい排水処理が出来る・匂いが発生しない・廃水の負荷が変化しても自助能力で追従変化し対応出来る・行政の指導に対しストレスが無い・高濃度排水処理で仮に7日間の停電が発生した場合でも一時的に生物の死滅があり腐敗するも自助復活の能力で数日間に立ち直る、他にあまり類似しない能力が有り未来に安心が出来て頼りになる施設となります。]